栄養バランスを考えて食事をしよう|コレステロールを下げるために

家族

冷えが起こす体の不調

寒そうな人

冷えを改善させる対策は

みなさんの周りにも、冷え症にお困りの人が、必ず1人はいるのではないでしょうか。20代以上の女性を対象にしたアンケートでは、約8割の人が冷え症だと自覚しているという結果も出ているほど、冷え症の症状がある人は多いのです。そんな冷え症を解消するためには、どのような対策を取るのが有効なのでしょうか。まず、ストレスを軽減させることが重要です。ストレスの溜め過ぎは、自律神経が乱れる原因となり、その自律神経の乱れが、冷え症を引き起こしている場合があります。そのため、規則正しい生活を心がけ、適度なストレス発散をすることが大事です。筋肉量が少ない場合や、運動不足の場合、食生活が乱れている場合も冷え症になりやすいと言われているため、やはり規則正しい生活は必須となります。もし、食事において栄養バランスを考えるのが大変な場合は、サプリメントや健康食品などを利用するとよいでしょう。サプリメントや健康食品などには体に必要とされている栄養素が沢山含まれています。これを利用することによって、不足しがちな栄養を補うことができます。また、激しい温度差も自律神経の乱れを起こす原因なので、可能であれば設定温度を高めに設定するなどで、対策を取ってください。この他にも、衣類などによるきつい締付による血行不良や、血液関係の病気がある場合に症状が出る事があります。それぞれ、きつい締付のある服を避けたり、病気の治療をするなどの対策を取る必要があります。

そもそも、冷えの原因とは

冷え症に対する対策について書いてきましたが、そもそも、冷え症とは何なのでしょうか。これは、ある特定の部位だけが常に冷えているように感じられる状態の事を指し、周りを温めても、そこだけは常に冷たく感じる症状のことです。原因は大まかに2つに分けられ、一つ目が、生活習慣の乱れによる血行不良が原因となるものです。睡眠や食生活、運動不足により血行不良が起こるとされるため、生活習慣を正せば、ある程度の改善が望めます。もう一つの原因が、自律神経の乱れが血管障害を引き起こす事です。前者に挙げたものよりも重症である場合が多く、特定の部位が極度の冷えに襲われます。生活環境の改善や温度コントロール、ストレスの軽減などで症状が改善される場合は良いのですが、それでも症状が改善されない場合は、医療機関の受診をおすすめします。他の病気が潜んでいる可能性もありますし、症状の元を調べる事ができるので、症状改善への近道ともなります。また、サプリメントや健康食品などを利用して冷え性の改善をしようと考えている人は、自分に適したものを利用することが大切です。そのため、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。そうすることで、十分な効果を得ることができます。少しでもその症状が改善されるよう、しっかりと対策を取り、健康な体を目指しましょう。